うるるん通信

平成25年7月号 うるるん便り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

画像:平成25年7月号うるるん便り手書きのうるるん便りをご覧になりたい方はPDFをご覧ください。
平成25年7月号 うるるん便り (PDF / 886KB)

こんにちは。
最近、「今度息子が家を建てるんだけど…」とか、「3年前に建てたんだけど…」とか、相談を受ける事が多くなって、少しビミョーな心持ちのウルルンです。

先月号で”山遊び”に行くお話をしましたが、結果報告します。

いや〜楽しかった〜。
山に入る前には「バナナ」と「オロC」で元気づけ、山に入れば夢中になり、山から出れば服はドロだらけ。その後の宴は夜10時まで続きました。
来年は早く解散しようネ。

6月22日〜23陽はピアドゥで陽だまりフェア
「薪ストーブ」と「ペレットストーブ」を展示しながら、たくさんの方々とお話させていただきました。
途中インタビューを受けたりしながらも、2日間当社のこだわりや木の家の良さを伝えていると、この通信を読まれている方が続々と来場。
みなさん、良き出会いありがとうございます。

今月から始まる【ちょっといい言葉】をお伝えしてゆこうと思います。

第1話
歌で、リンダリンダ〜リンダリンダ〜と歌っていた、”甲本ヒロト”の一言。

”楽しい”と”楽”は違うよ。
”楽しい”と”楽”は対極だよ。
”楽しい”ことがしたいんだったら、”楽”はしちゃダメだよ。
”楽”しようと思ったら、”楽しい”ことはあきらめなきゃ。
ただ、生活は”楽”な方がいいと思う。
でも、人生は”楽しい”方がいいじゃん。

第2話
私の好きな「金八先生」から一言。

人間はみんな少しずつ違うのが当たり前で、それを個性と言います。
正常という意識も、異常という意識も個人によって違います。
本当に好きな道なら、もっと前に進みたくなるのが人間だ。
自分に嘘をつかないということは、自分の力を正直に認めるということです。

毎日、たくさんの方々に出会い、沢山お話していますが、最近、あらためて”ことば”の大切さを感じています。”良いことば”は”良いからだ”づくりに続いているんだなぁ〜と。

三条中の図書室にもありました「水の結晶」。
見た事もある方もあるでしょう。
人間の身体の6割が水分です。その水を入れた容器を凍らすとき、良くない言葉を書くと結晶になりません。
良いことば”をたくさん言って、”良いからだ”になりましょう。

では、また来月号でお会いしましょう。
感謝。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です